アボカド(ワニ梨):その栄養価の高さと健康効果

株式会社 健康機能性成分研究所

0774-32-4343

〒606-0805 京都市左京区下鴨森本町15番地 生産開発科学研究所ビル2F

右手にペンとメモ、左手にピンセットを持って研究をしている

アボカド(ワニ梨):その栄養価の高さと健康効果

健康情報

2019/04/15 アボカド(ワニ梨):その栄養価の高さと健康効果

森のバターとも称される「アボカド(和名:鰐(ワニ))」は、果物の中でも特異な存在と言えます。ギネスには「世界一栄養価の高い果物」として認定されるなど、ここ10年で消費を大きく伸ばし、その健康効果も注目されていますので、紹介します。

 

まずアボカドの含有成分(100g当たり:2015年版日本食品成分表)による主な栄養価です。

エネルギー 187kcal(一般的な果物は4060kcal

・タンパク質 2.5g・脂質 18.7・炭水化物 6.2(内、食物繊維 5.3)

・ビタミン:3.6mg,B2 0.21mg,B6 0.32mg,C 15mg葉酸 84μg,ビオチン 5.3μg

・ミネラル:カリウム 720mg,マグネシウム 33mg,鉄 0.7mg,リン 55mg

 

以上を踏まえた健康効果についてまとめてみます。

・脂質が多いが、不飽和脂肪酸が約80%を占め、コレステロールの低下作用あり

・食物繊維が豊富(水溶性:不溶性=12)で、便秘改善効果や整腸作用あり

・ビタミンEやCの抗酸化作用で、老化防止や美肌(ビタミンB2も)に効果あり

・豊富なカリウムで、余分なナトリウムの排出を促し、高血圧の予防効果あり

・葉酸が豊富(1日推奨量の約1/3含有)で、細胞増殖や造血に必須の作用あり

・抗酸化物質のグルタチオンも多く含まれ、特に肝臓を癒やし解毒作用あり

 

アボカドは皮が緑で未熟なまま収穫されますので、皮が黒みかがり、やや弾力を感じる柔らかさになれば食べ頃です。

 

食べ方(レシピ情報多数あり)としては、刺身で醬油や酢系の調味料につけるのもありですが、サラダやサンドウィッチに入れるのが一般的です。その他、スムージーの1種に加えたり、ディップにしても良いでしょうし、和え物や天ぷらの具にするのもお勧めです。

アボカドの小さめ1個の可食部は100g強で、エネルギーは約200kcalになります。1日に1個は摂り過ぎかもしれませんが、常用する果物に加えてみてはいかがでしょうか。

(本文中の下線部の詳細については、インターネット等の情報で確認してください。)

 

株式会社 健康機能性成分研究所
住所:〒606-0805
京都市左京区下鴨森本町15番地 生産開発科学研究所ビル2F
TEL:0774-32-4343

TOP