市販の香辛料で抗酸化力を比較

株式会社 健康機能性成分研究所

0774-32-4343

〒606-0805 京都市左京区下鴨森本町15番地 生産開発科学研究所ビル2F

右手にペンとメモ、左手にピンセットを持って研究をしている

市販の香辛料で抗酸化力を比較

新着情報

2019/09/10 市販の香辛料で抗酸化力を比較

最近の当該HPの健康情報で「香辛料」に関する記事を配信しました。

そこで改めて、市販されている種々の香辛料で、DPPH法による抗酸化力(ΔA:520nmでのブランクと試料液の吸光度差)を測定しましたので、その結果を報告します。

 

市販品はメーカーの違いや製造年月にも幅があると思われましたので、いずれの試料も数種を使って測定し、高値と低値の棒グラフで表示しました。

香辛料の中でも、下図上がスパイス類、下がハーブ類の抗酸化力を示しています。

 

img025

 

img026

 

香辛料によって、棒グラフの中央値からでも抗酸化力の高低の違いが認められ、また抗酸化力の高い香辛料ほど、高値と低値の幅が広くなっており、製品による差の大きいことが明らかになりました。

 

野菜や果物の抗酸化力(ΔA)が、生で数十、ドライフルーツでも100以下であったことを考慮しますと、香辛料の抗酸化力は全般的に高く、数千に達する物まである、という結論が導かれます。

 

株式会社 健康機能性成分研究所
住所:〒606-0805
京都市左京区下鴨森本町15番地 生産開発科学研究所ビル2F
TEL:0774-32-4343

TOP